HOME > Blog

注文住宅の建てる際の打ち合わせ時の注意点を亀山の工務店が解説!

注文住宅の購入に踏み切って、打ち合わせを控えている方はいらっしゃいませんか?

初めての注文住宅で、自分の要望がきちんと通るかなど、不安なことが多いかと思います。
そこでこの記事では、注文住宅のプランニングの打ち合わせをする時の注意点について解説させていただきます。
打ち合わせの前にご覧になって参考にしていただけたら幸いです。

□打ち合わせ前に準備するべきこと
建築会社との打ち合わせは普通請負契約を結ぶ前後であります。
間取りや建材、部屋割りなどを決めて行くので、10回程度は打ち合わせをします。
数ある打ち合わせをスピーディーに進めるためにも、事前に準備をしておきましょう。

*予算の設定
依頼主であるあなたが許容できる予算の範囲をきちんと設定しておきましょう。
予算が曖昧だと、設備を追加してどんどん値段が高くなってしまいます。
あれもこれもと要望を言っているとどうしても値段が高くなってしまうので、予算を設定して折り合いをつけましょう。
また、注文住宅はどうしても予算オーバーになってしまいがちですので予算はある程度幅を持って設定するとうまくいきます。

*優先順位を決めておこう
自分がこだわりたい部分の優先順位を前もって決めておきましょう。

キッチンだけは絶対こだわりたい
階段は螺旋階段がいい
リビングの天井は吹き抜けがいい など

予算の中でできることには限りがあるので、優先順位を決めておくとスムーズに打ち合わせが進みます。

□打ち合わせをする建築士としっかりコミュニケーションをとる
打ち合わせの際にしっかりと建築士の方とコミュニケーションを取りましょう。
分からないことがあったら、すぐに質問して疑問を解消してください。
打ち合わせは、依頼主であるあなたと、建築士の方とのイメージを共有するためにあるので、誤解のないように正確に要望を伝えましょう。
注文住宅は安い買い物ではないので後でちゃんと伝えるべきだった、と後悔しないように
自分の考えをきちんと説明してください。
また、打ち合わせの記録をとっておくのもいいでしょう。
後で何かミスがあったときの証拠になりますので。
記録は建築会社に許可をとってから記録しましょう。
信頼関係が家のできを左右しますので建築会社に不信感を抱かせないようにしましょう。

□まとめ
打ち合わせの注意点についてご紹介しましたがいかがでしたか?
ぜひ参考にしていただければと思います。
納得できるまで打ち合わせをして素晴らしい理想のお家をつくってください!
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!