HOME > Blog

亀山が教える!注文住宅を購入する際の坪単価の計算方法

テレビで見たことのあるような素敵なお家に住んで見たいですよね。

お考え中の方も多い注文住宅ですが、やはり気になるのがお値段です!

この記事では注文住宅の坪単価の計算方法について説明させていただきます。

□そもそも坪単価ってなに?
広告などでよく目にする坪単価ですが、これは一坪あたりにどれくらいの建築費がかかっているかを示す数字です。
坪単価を求めるための計算方法は簡単で、その家を建てるのにかかる全ての建築費を想定される坪数(想定延床面積)で割れば坪単価は算出できます。

例えば、ある家を建てるのにかかる建築費が4000万円、その家の延床面積が50坪だとします。
この時の坪単価は
坪単価=建築費4000万円÷延床面積50=80万円
になります。

□注意!坪単価は必ずしも本体価格の目安にならない
ここで注意してほしいのが、坪単価は必ずしも家の本体価格の目安にならないということです。
ハウスメーカーの広告に50坪で2000万円、坪単価40万と書いてあったとします。
あなたの建てたい家が40坪だから、家の価格は40万×40=1600万円、にはなりません。
なぜこのようなことが起こるのか説明していきます。

*ハウスメーカーによって坪単価の出し方が違う
ハウスメーカーによって、エアコンや照明、配管などの値段を本体価格に含めているハウスメーカーとそうでないところがあります。
ですから、全く同じ家を作るとしてもハウスメーカーによって算出される坪単価が異なるのです。
つまり、どこまでを本体価格に含めるかがメーカーによって異なるため坪単価にズレが生じます。このため、A社の方がB社より坪単価が低いからといって、A社で家を建ててもらうと本体価格が安くなる、とは安易に言えません。

*延床面積(坪数)が下がると坪単価が上がる
50坪で3000万円、坪単価60万円と広告をうっているメーカーで40坪の家を建ててもらっても40×60万円=2400万円が本体価格にはなりません。

一般的に住宅の本体価格のうち2〜3割をトイレやお風呂などの住宅設備が占めます。
坪数が減ってもそれらの住宅設備が不必要にはなりませんし、人件費や材料費なども、坪数が減ってもそこまで大きくは変化しません。
そのため、坪数が減ると逆に坪単価が上がってしまうのです。

□まとめ
坪単価の計算方法とその注意点についてご紹介しました。
坪単価でどのハウスメーカーに依頼すると安く建築できるのかを比較するのは難しいので、あくまで坪単価は目安にしてください。細かいことは、電話で問い合わせるか、実際に店頭に行って相談してみるのがいいでしょう。
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!