HOME > Blog

デザイナーズ住宅をローコストに抑える方法とは?|亀山の業者がご紹介

デザイナーズ住宅と聞くとおしゃれでモダンな家を想像される方が多いのではないでしょうか。
また価格も高いというイメージもあるかと思います。
しかしそんなデザイナーズ住宅も工夫をすればローコストで手に入るかもしれません。

この記事ではデザイナー住宅のコストを抑える方法を紹介します。

□デザイナーズ住宅のコストを抑えるためには?
*ある程度の予算を決める
最初にすべきことは予算をある程度決めることです。
デザイナーズ住宅はご自身の要望を取り入れ、理想を実現できる分、分譲住宅よりもコストがかかる傾向にあります。

そのためあらかじめご自身の予算を決めておくことでコストが増えていくことを防ぎ、結果的にそれがローコストに繋がります。
また予算を決めておくことは業者に相談するときも役立ちます。

*価格の相場を知る
予算を決めることと同様に大切なのが、価格の相場を知ることです。
価格の相場を知ることでご自身の予算も決めやすくなります。

また、業者ごとの比較の基準となります。
相場を知るためには、インターネットでの情報収集もできますが、実際にいくつかの業者に相談することでより具体的なイメージも付きますし、相場も知ることができます。

*コスト削減に取り組む業者を選ぶ
業者選びをする際、ポイントを押さえておくとコストを抑えられる可能性があります。
そのポイントとは、設計方法、資材などの仕入れルート、重層構造です。

設計方法によっては住宅建設のコストを抑えることが可能です。
設計方法の工夫で資材のロスを抑えることで低価格を実現できます。

仕入れルートに関して抑えておくポイントとしては、メーカーから施工会社へ納品されるまでに何社が関わっているかという点です。
この過程で関わっている会社が多ければ多いほど資材などの価格も高くなるので、仕入れルートに関して工夫している業者は比較的安価で住宅を提供しています。

重層構造に関しては、施工会社が建設時にいくつの下請け業者に依頼するのかという点を押さえておくのがポイントです。
施工する段階で他の下請け業者が少なければその分余分なコストを削減することができるので結果的に低価格になります。

業者を選ぶ際はこの三点も注目することをおすすめします。

◎最後に
デザイナーズ住宅は一般の住宅に比べるとコストがかかります。
しかし紹介したような工夫次第ではコストを抑えられる可能性があります。
より詳しい情報が知りたい方は実際に業者に相談してみましょう。
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!