HOME > Blog

新築の木造住宅のいいところとは?|亀山の業者がご紹介

新築をお考えの方の中には木造住宅に興味をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
木造住宅の雰囲気が好きという方や自然を感じて生活したいという方もおられると思います。
こうした点に加えて、木造住宅の良さは他にも多々あります。

この記事では木造住宅の良さについて解説していきます。

□木造住宅のいいところ5つ
*建築コストが安い
まず木造建築のいいところは、鉄筋やコンクリートの住宅と比べて費用を比較的安く抑えることができる点です。
なぜ安く抑えることができるかというと、そもそも他の住宅に比べて基礎工事にかかる費用を安く抑えられること、木材自体の熱伝導率が低いため、断熱性を高める工事が他の住宅よりも簡単なことが理由としてあげられます。

*断熱性と調湿性
木材はもともと高い断熱性を持っています。また調湿性にも優れています。
空気が乾燥する際には蓄えていた水分を放出し、湿気が多い場合は水分を吸収してくれます。
こうした特徴から、夏は涼しく、冬は暖かい空間になり、その上乾燥もやわらげてくれます。
年間通して住みやすい住宅といえます。

*耐火性
木材というと火に弱いイメージがありますが実際は木造住宅は火事に強いです。
ある程度の太さがある木材だと火事になった際に、表面は焦げますが中身まで燃えるのには時間がかかります。
鉄の場合は5分で強度を失いますが、木材の場合は15分後も強度を保っているというデータもあるほどです。
もし火事が起きても、住宅が倒壊するまでに時間があるので避難する時間が取れます。

他の住宅でも加工をすれば耐火性はあげることができます。
しかしその分コストがかかってしまいます。

*増改築の柔軟性
木造住宅の場合中心となる構造体さえしっかりしていれば、そのほかの場所に関してはある程度自由度が高いです。
そのためリフォームや増築も他の住宅に比べて簡単にできるます。
生活の変化やご要望にも柔軟に対応できるのが木造住宅です。

*木造のいやし効果
木造住宅は心理面でのプラス効果があります。
みなさんも木に触れたり、自然に囲まれているとホッとしたという経験があるのではないでしょうか。
実際に木材に囲まれた暮らしは、精神を落ち着かせる効果があることが科学的に証明されています。

□最後に
木造住宅のいいところを紹介しました。
木造住宅には心理的な効果の他にもコスト面や安全面にもメリットがあります。
新築をこれから建てる方は木造住宅もぜひご検討ください。
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!