HOME > Blog

注文住宅で家事動線のよいキッチンとは?|亀山の業者がご紹介

注文住宅を建てるときに、気にしていただきたいのが家事動線です。
家事動線を考えて設計した家とそうでない家では家事の効率性が大きく異なります。

この記事ではキッチンに焦点をあてて、家事動線のよいキッチンについて解説していきます。

□家事動線とは?
まず家事動線についてご説明します。
家事動線とは、家事を行う際に、どの場所をどのように通る必要があるのかを示すものです。
この家事動線が短ければその分効率的に家事をこなせます。
 
□家事動線のよいキッチンの3つのポイント
*調理のしやすさ
調理をする際は、冷蔵庫やコンロ、シンク、調理台を頻繁に移動します。移動する距離が少なければ少ないほど家事動線がよいといえます。
効率よく動くためには、キッチンを横一直線に設置するよりも移動が三角形を描くように設置しましょう。
三角形を意識して冷蔵庫やコンロ、シンク、調理台を配置すれば、調理のときの移動もスムーズです。

*家電の配置
キッチンで使用する家電の配置にも目を配るとさらに効率をよくなります。
例えば、冷蔵庫や電子レンジのドアの向きです。
家電を背面だけでなく、どちらかの側面も壁につけるのであればドアの向きも重要だからです。

左側を壁につける場所に右側に開くドアの家電を配置するのは不便といえます。
このように家電の配置にも目を配ることでさらに家事がしやすい空間になります。

*玄関からの距離
次に挙げられるのは、玄関からの距離です。
仕事帰りや、お子さんの送り迎えをされた際に、食材を買い物して帰ってきたという状況を想像してみてください。
重い荷物を持って帰って来たときに、キッチンが玄関から遠いと、荷物を運ぶ距離が長く大変ではないでしょうか。
できるだけスムーズな荷物運びができるように玄関とキッチンの配置を考えてみましょう。

*他の家事との兼ね合い
朝、食事の準備をするときは、調理だけでなく、洗濯やお子さんの支度など、することが多く大変ですよね。
その際キッチンと他の家事との動線を考えた間取りにすることでその負担を軽くすることができます。
例えば、キッチンとトイレやバスルームを近くに設置すれば、移動距離を短くでき、効率よく家事をこなせます。

□最後に
家事動線をよく考えることでより住みやすい家にすることができます。
特にキッチンの配置を考えると一気に家事が効率的に行えます。
家事の負担を減らす点や、お子さんを見守るという点からも家事動線に関して一度考えてみてはいかがでしょうか。
注文住宅を建てる際は、専門業者に相談してみましょう。
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!