HOME > Blog

新築にもらえる補助金があります!|亀山の業者がご紹介

新築を建てるとき、最も気になることの一つとして費用があるのではないかと思います。
そうした不安を軽くする方法として、補助金制度があります。
新築の購入時に補助金が出るのは、非常に心強いですよね。

では、新築の補助金制度にはどのようなものがあるのかについて、この記事では解説していきます。

□新築時にもらえる補助金は?
新築の全てに補助金が出るわけではありません。
条件を満たしているものに関しては、補助金が支給されます。
また補助金は、国からの補助金や各地域からの補助金があります。

では、ここからは具体的な補助金制度についてみていきましょう。

*ZEHの補助金
ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称で、簡単に説明するとエネルギーを自給自足できる住宅のことを指します。
つまりエネルギーを自宅で作り、それを自宅で使うという暮らしが可能な住宅です。

実際にもらえる金額はというと、一戸あたり定額70万円の補助金がZEHの要件を満たすことで受け取れます。ZEH住宅を建てるにあたって、一般的な住宅に比べて高額になることがほとんどです。
しかし、環境に優しいZEH住宅は国が推奨していて補助金が支給される上、光熱費がかからないので実はとてもお得な住宅です。

*すまい給付金
すまい給付金は家の引き渡し後、ご自身で申請する必要があるのでご注意ください。
この補助金は、主に所得の差による住宅購入の負担の差を小さくするための補助金です。
そのため設備ではなく、都道府県民税の所得割合によってもらえる金額が変わってきます。

また条件としては、床面積が50平方メートル以上の住宅であることなどいくつかの条件があります。

*市町村の補助金制度
国とは別に市町村が独自の補助金制度を設けている場合があります。
お住まいの地域や新築を建てたいと考えている市町村のホームページなどで確認してみてください。

支給の対象となる案件としては、新築はもちろん、長期優良住宅など様々です。
一般的に、市町村が支給している補助金の条件として地域の業者が施工を行うことや、税金を滞納していないことなどが挙げられます。
国の補助金と併用ができるものとできないものがあるので、条件をよく確認しましょう。

□最後に
決して少なくない費用がかかる新築購入ですが、補助金制度を利用することによって、その負担を軽減できます。
制度によって支給の条件が異なるので、よく確認しておきましょう。
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!