HOME > Blog

注文住宅の購入―坪単価って何?何が含まれてるの?三重県・亀山の工務店がお答えします!

注文住宅や住宅販売について調べていると、「坪単価」という言葉を目にする方も多いのではないでしょうか。
この坪単価、実は単に安さだけで選んでしまうと、損してしまうことがあるかもしれないのです。

今回は、この坪単価の中には何が含まれているのかという視点から、坪単価の注意点についてご紹介したいと思います。

□坪単価とは
坪単価とは、1坪(3.3平方メートル)あたりにかかる家の値段のことで、建物の値段の目安としてよく利用されています。
ちなみに、1坪は畳2枚分の広さです。

坪単価を求めるときは、建てる家の値段を、その家の延べ床面積で割って求めます。
つまり、「その家は、床1坪あたりいくらである」ということを指しています。

□坪単価の注意点
しかしここで間違えてはいけないポイントがあります。
坪単価はあくまで目安に過ぎないということです。
各メーカーによって、建てる家の値段の決め方と、その家の延べ床面積の決め方がそれぞれ異なっているからです。

では一体どのように異なっているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

□家の値段について
どこまでを家の値段に含めるのかということは明確に定められていません。
この時の家の値段というのを少し難しい言い方にすると、「本体工事費」という呼び方になります。
つまり、建物本体にかかわる工事のことです。

これには、基礎から構造体、内装や外装、リビング・キッチンなどの設備があてはまります。
また、電気や水道などの工事も多くの場合ここに含まれます。

一方で、家を建てるためにはこれとは別に「付帯・別途工事費用」というものも発生します。
この、付帯・別途工事費用というものは坪単価の計算には含まれません。
これを利用して、本来本体工事費に含まれるはずの水道や電気などの工事費を付帯・別途工事費用の項目に回すことで、本体工事費を安く見せて坪単価を下げることができます。

□延べ床面積について
床面積に関しても同様で、含まれる範囲があいまいです。
一般的に坪単価の計算には「延べ床面積」も用いられます。
これは、建物の各階の床面積の合計のことを指し、玄関・吹き抜け・バルコニーといった壁で囲まれていない部分は床面積に含まれません。

しかし、「施工床面積」という面積を使うメーカーもあります。
これは吹き抜けやバルコニーなどの床面積も含めるため、「延べ床面積」よりも大きい数字になります。
この「施工床面積」を用いると、坪単価がまたもや低くなるため、安く見せられるのです。

□まとめ
坪単価の大きさは「本体工事費」と「付帯・別途工事費用」、「延べ床面積」と「施工床面積」によって変化してしまうため、あくまで目安として、参考程度にとどめておくのがベストなのです。

ということで、今回は坪単価に含まれているもの、注意点について説明しました。
もう少しわかりやすく知りたいという場合は、エヴァハウスまでご相談ください。
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!