HOME > Blog

やっぱり木がいい!木造住宅の素敵なメリットを三重県・亀山の工務店がお教えします!

木造住宅といえば、住宅構造で一番に思いつくものですよね。
新築で木造住宅を検討しているという方も多いと思います。

今回は、日本で最もポピュラーな住宅構造である木造住宅のメリットについてご紹介します。

□木造住宅とは?
木造住宅とは柱や梁などの主要構造部が木材からなる住宅のことです。
日本では昔からお寺や神社などの建築物に用いられており、住宅の構造としては最も一般的です。
実際に、木造住宅は日本の住宅の半分以上を占めます。

□木造住宅のメリット4つ
木造住宅のメリットとして挙げられるのは以下の4つです。

・建築コストが低い
・新築、リフォームの際の自由度が高い
・木ならではのリラックス効果
・吸湿性

□建築コストが低い
他の建材に比べ比較的安価で手に入り、大きな価格変動がない安定した材質であるため、木造住宅の建設コストは抑えられます。
また、断熱性や吸湿性に優れているため、ほかの材質を利用する際に必要な断熱材などのコストを抑えることも可能です。

さらに、建築資材が軽いので、移動時間や労働力の削減などが行えることにより、工期を短縮することもできます。

□間取りの自由度が高い
基礎や土台、柱・梁といった根本的な部分がしっかりと強度を保っていれば、壁や天井などといった間取りやデザインなどは自由に工夫できます。
こういったことから、新築で好みの間取りにしたり、リフォームで大きく変更を加えたり、増築を行ったりすることができるなど、自由度が高くなっています。

□木ならではのリラックス効果
冒頭でも述べたように、日本では古くから寺社などにおいて利用されている伝統的な建築方法であるので、日本人にとっては馴染みがあります。

日本人の多くが、コンクリート造りの病院と、木造の病院では、後者の方が圧倒的に落ち着くと考えるでしょう。
肌触りや視覚的な要素などの木のぬくもりは、私たちにリラックス効果をもたらしてくれます。

□吸湿性
また、木は吸湿したり放湿したりする力を持つため、四季に応じて湿度を快適な状態に調節してくれ、私たちは快適に過ごすことができます。
冬は木材内の水分を放出することで乾燥を予防したり、梅雨など湿気の多い時期には水分を吸収して結露やカビの発生を抑えてくれたりします。

□最後に
今回は木造住宅のメリットについてご紹介しました。
間取りやコスト、吸湿性などが優れたものは他の建築方法でも見つけられますが、木のぬくもりは木にしか出すことのできないものです。

木造住宅について、またその他の住宅構造について何かご相談がございましたら、エヴァハウスまでご相談くださいませ。
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!