HOME > Blog

新築をお得に建てるには?知ってて得する補助金制度!

新築を建てようかな…とお考えのそこのあなた。実は新築を建てるために、様々な補助金制度があるのをご存知ですか?
自分できちんと調べておかないと損してしまうこともあります。

ということで今回は、新築を建てるときにもらえる補助金についてご紹介します。

□新築を建てるときに発生する補助金
新築を建てるときにもらえる補助金の代表的なものは次の3つです。

・すまい給付金
・エネファームの導入
・地域の新築補助金

□すまい給付金
すまい給付金とは、住宅を購入した人に対して、消費税増加に伴う負担を減らすために支給される補助金です。
消費税は平成31年10月1日に10%へ引き上げられます。
原則的にこの日以降に住宅の引き渡しが行われた場合、10%の税率が適用されます。

このすまい給付金の申請期間は住居の引き渡しから1年3か月以内が原則となっており、入居後すぐに申請することが可能です。
住宅ローン減税と併用して申請することも可能で、給付額は最大30万円です。

□エネファーム補助
エネファーム補助はエネファームを導入すると補助金がもらえる制度です。
エネファームとは燃料電池のことで、水素と酸素から電気と熱を発生させるという環境にやさしいシステムになります。
環境を破壊することなく電気をつくったり、その時発生する熱を利用してお湯をつくり、給湯に利用したりすることができるため、エコかつエネルギーの有効活用が可能です。

エネファームを設置し、6年間使い続けるということが条件に含まれます。
最大12万円の給付金がもらえます。

□地域の新築補助金
地域の市町村で受けられる補助金もあります。
各自治体によって異なりますが、一般的には、新築・リフォームの工事や、太陽光発電設備の設置にかかる工事費の一部を助成してくれるというものです。
人口の減ってきている地域では新築を建てる方への助成を積極的に行っており、そういった地域で住宅を購入する方にはぜひ利用していただきたい補助金制度です。

利用条件は地域によって異なりますが、その市町村に居住する予定であることや、地元の建設業者による工事であることなどが含まれるので、一度建築の際に業者の方にご相談されてみると良いかもしれません。

□最後に
今回は新築を建てるときに知っておきたい3つの補助金制度についてご紹介しました。
これらの補助金は、きちんと申請しなければもらえないため、知っている人と知らない人では得する額に大きな差が生じます。
新築の購入は大きな買い物ですから、必要以上の出費を防いで、損してしまわないようにもらえる補助金はきちんと受け取りましょう。

新築に関する補助金について何かご不明な点がございましたら、お気軽にエヴァハウスまでご相談くださいませ。
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!