HOME > Blog

主婦の方必見|場所別の掃除しやすい間取りのポイント

「やっぱり家事のしやすい家がいいなぁ…」
このセリフは、全国の主婦の皆さんに共感していただける言葉ではないでしょうか。

どんなにデザインに優れた家であっても、機能性が優れていなければ、それは住みにくい家だと言えます。

では、家事のしやすい家とはどんな家なのでしょうか。
今回は、家事の中でも、特に大変な掃除に着目します。掃除のしやすい間取りのポイントを知りたい主婦の方は、必見です。

■場所別|掃除しやすい間取りのポイント

1.玄関

・玄関収納
掃除しやすい、というより玄関を汚さないためのポイントになります。
玄関に収納がないと、靴やら傘やらが散乱し大変なことになります。
そして、靴の量は、家族構成の変化に伴って大きく変わります。そのため、なるべく大きめにつくっておくのがポイントです。

・コンセント
玄関にコンセントをつける方も多いと思います。
しかし、玄関のコンセントは十中八九、掃除機を使用する際に使うコンセントになります。
そのため、比較的高い位置にコンセントをつけておきましょう。

⒉リビング

・平らにする
リビングは、もっとも長い時間を過ごすことになる場所です。そのため、ゴミが非常に落ちやすいです。
そんなリビングに凹凸があると、一気に掃除が大変になります。リビングはなるべく平らになるようにするのがおすすめです。

・明るめの床にする
一般的に、明るめの床ではゴミが目立ちにくく、暗い床ではゴミが目立ちやすくなります。
そのため、目測でゴミがたまらないと掃除しない…なんて方は、暗い床にするのがおすすめです。
また、なるべく掃除をしたくないので、明るい床にする…という選択をしても良いでしょう。

⒊ キッチン

・IHにする
キッチンで掃除が大変なのはやはり、コンロ周りです。そのため、できることならIHクッキングヒーターにするのがおすすめです。
コンロはゴミが隙間に入ってしまうと、なかなか取れないですが、IHは平らであるため掃除が非常にしやすいです。

また、火力を心配する方も多いかもしれません。
しかし、鍋を温めるという観点から見ると、IHの方が火力が集中するため早く温めることができます。

■まとめ
今回は、場所別に掃除しやすい間取りのポイントについてご紹介しました。
間取りは工夫次第で変えられます。そして、デザインも重要ですが、掃除のしやすさは非常に重要です。
家を建てようかな…なんて思っている方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!