HOME > Blog

注文住宅をお考えの方必見|キッチン間取りで気をつけたいポイント3選

「料理しやすいキッチンがいいなぁ…」
「料理しながら子供と会話できるようにしたいなぁ…」
というように、キッチンに対する要望が尽きない方も多いのではないでしょうか。

家族が毎日食べていくことを考えれば、キッチンにも毎日立つことになります。そのため、キッチンが使いやすい、楽しいことは非常に重要です。

今回は、キッチンの間取りで気をつけたいポイントを3つご紹介します。注文住宅をお考えの方必見です。

■住宅のキッチン間取りで気をつけたいポイント3選

⒈ 動線を意識する
キッチンでは動線を考える重要性がとりわけ高いです。
なぜなら、料理の最中はキッチンの中を動き回ることになるため、動線が非効率だと、ストレスがたまりやすくなるからです。

では、キッチンの動線はどのように考えれば良いのでしょうか。そのポイントは2点あります。

一つは、調理の流れです。冷蔵庫から食材を取って洗い、まな板で食材を切り、コンロで調理し、食器を出し、盛り付け、リビングまで持っていく…そして片付けはその逆というように、実際に料理したらどうなるかを考えることが重要です。

もう一つは、ワークトライアングルです。聞き馴染みのない言葉だと思います。端的に言えば、コンロ・シンク・冷蔵庫の位置関係のバランスを表現した言葉です。
それぞれの間が120cm以上あり、かつ行き来する合計が360cmから660cmに収まれば調理がしやすいとされています。

⒉ キッチンの種類をどうするか
料理がしやすいキッチン、子供と話しながら料理できるキッチン…というように、いいキッチンの定義は人により様々ですが、いいキッチンかどうかには、キッチンの種類が確実に影響します。

キッチンには6種類があります。Ⅰ型、Ⅱ型、L型、U型、アイランド型、ペニンスラ型の6種類です。
Ⅱ型は動線が少なくて済む、L型は大人数でも作業しやすい、アイランド・ペニンスラは家族と話がしやすい、おしゃれというようにそれぞれにメリット・デメリットがあります。
自分のニーズと合うキッチンを選ぶのがおすすめです。

⒊ ゴミ箱をどこにするか
キッチン においてゴミ箱をどこに置くかということも気をつけたい点です。
キッチンのゴミ箱どこに置くつもり?と聞かれて即答できる方は意外と少ないのではないでしょうか。

しかし、キッチン で料理をする以上、生ゴミといったゴミは発生します。
そのため、ゴミ箱の位置も重要になってくるのです。
回収日がいつか、分別がどうか、という点を確認した上で、ゴミ箱の形と数を決め、その後、置き場所も決めてしまうことをおすすめします。

■まとめ
今回は、キッチンの間取りで気をつけたいポイントについて3つご紹介しました。
キッチンの間取りがどうなるかによって、過ごしやすさは大きく変わってきます。
キッチンには妥協しないのがおすすめです。参考にしてみてくださいね。
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!