注文住宅をお考えの方必見|キッチン間取りで気をつけたいポイント3選

「料理しやすいキッチンがいいなぁ…」
「料理しながら子供と会話できるようにしたいなぁ…」
というように、キッチンに対する要望が尽きない方も多いのではないでしょうか。

家族が毎日食べていくことを考えれば、キッチンにも毎日立つことになります。そのため、キッチンが使いやすい、楽しいことは非常に重要です。

今回は、キッチンの間取りで気をつけたいポイントを3つご紹介します。注文住宅をお考えの方必見です。

■住宅のキッチン間取りで気をつけたいポイント3選

⒈ 動線を意識する
キッチンでは動線を考える重要性がとりわけ高いです。
なぜなら、料理の最中はキッチンの中を動き回ることになるため、動線が非効率だと、ストレスがたまりやすくなるからです。

では、キッチンの動線はどのように考えれば良いのでしょうか。そのポイントは2点あります。

一つは、調理の流れです。冷蔵庫から食材を取って洗い、まな板で食材を切り、コンロで調理し、食器を出し、盛り付け、リビングまで持っていく…そして片付けはその逆というように、実際に料理したらどうなるかを考えることが重要です。

もう一つは、ワークトライアングルです。聞き馴染みのない言葉だと思います。端的に言えば、コンロ・シンク・冷蔵庫の位置関係のバランスを表現した言葉です。
それぞれの間が120cm以上あり、かつ行き来する合計が360cmから660cmに収まれば調理がしやすいとされています。

⒉ キッチンの種類をどうするか
料理がしやすいキッチン、子供と話しながら料理できるキッチン…というように、いいキッチンの定義は人により様々ですが、いいキッチンかどうかには、キッチンの種類が確実に影響します。

キッチンには6種類があります。Ⅰ型、Ⅱ型、L型、U型、アイランド型、ペニンスラ型の6種類です。
Ⅱ型は動線が少なくて済む、L型は大人数でも作業しやすい、アイランド・ペニンスラは家族と話がしやすい、おしゃれというようにそれぞれにメリット・デメリットがあります。
自分のニーズと合うキッチンを選ぶのがおすすめです。

⒊ ゴミ箱をどこにするか
キッチン においてゴミ箱をどこに置くかということも気をつけたい点です。
キッチンのゴミ箱どこに置くつもり?と聞かれて即答できる方は意外と少ないのではないでしょうか。

しかし、キッチン で料理をする以上、生ゴミといったゴミは発生します。
そのため、ゴミ箱の位置も重要になってくるのです。
回収日がいつか、分別がどうか、という点を確認した上で、ゴミ箱の形と数を決め、その後、置き場所も決めてしまうことをおすすめします。

■まとめ
今回は、キッチンの間取りで気をつけたいポイントについて3つご紹介しました。
キッチンの間取りがどうなるかによって、過ごしやすさは大きく変わってきます。
キッチンには妥協しないのがおすすめです。参考にしてみてくださいね。
無料土地情報お届けサービス
リフォーム&リノベーション
資金計画無料相談
家づくりブログ
リクルート
三重の注文住宅
資料請求・お問い合わせ
エヴァハウス
[本社]
〒519-0166 三重県亀山市布気町790-12
TEL:(0595)82-7766 FAX:(0595)82-7758
E-mal:biken-mie@evahhouse.co.jp
フリーダイヤル:0120-79-3855(受付時間:AM9:00~18:00)
http://www.evahhouse.co.jp/
[名古屋オフィス]
〒464-0075 名古屋市千種区内山1-17-17 HATT BLDG
TEL:(052)735-9702  FAX:(052)735-9703
E-mail:biken-nagoya@evahhouse.co.jp
フリーダイヤル:0120-79-3855(受付時間:AM9:00~18:00)
http://www.evahhouse.co.jp/
[建設業] 三重県知事許可(般-21)第1637号 [住宅瑕疵担保保険] 登録番号 10020213
[宅地建物取引業] 三重県知事 許可(1)第2927号 [蟻害損害賠償責任補償制度] 登録証 0402-210-0009
[営業エリア]
三重県:鈴鹿市・亀山市・津市・四日市市・桑名市・いなべ市・菰野・伊賀市、松阪市
愛知県:名古屋市内・愛知県全域
※一部施工できない地域がございます。お問い合わせ下さい。
※当サイトに記載されているデザイン・画像・テキストを無断で転載・使用することを、固く禁じます。