HOME > Blog

注文住宅の間取り、使いやすいキッチンにするための工夫は?

注文住宅は、設計の段階からご自身も関わることになりますので、ご自身の間取りなどの希望を取り入れやすいという大きな魅力があります。
間取りを考えるためには、見た目もそうですが、使いやすさも重視したいポイントですよね。

特にキッチンは、毎日使う場所で、しかも長時間作業をすることもあるため、使いやすい間取りかということが大切な要素になります。
今回は、キッチンが使いやすい住宅の間取りをご紹介します。

◎使いやすいキッチンにするための工夫
より使いやすいキッチンにするために、工夫としておすすめしたいのが以下の二つの観点です。

○作業効率を意識した配置に
料理をするときに動きの無駄を極力減らすためには、冷蔵庫とガスコンロ・電子レンジとシンクの三つものがどこにあるかということが非常に重要になります。

これらは料理中によく使うものであり、そこの間の行き来をいかにスムーズに行えるかで料理のしやすさが決まってきます。離れ過ぎていると動きに無駄が生じますが、近くても動きが窮屈で、皿や調理器具などを置く場所もあまり確保できない危険性があります。

使いやすい配置の目安としては、冷蔵庫とコンロや電子レンジとの距離が120~270cm、シンクと冷蔵庫との間の距離が120~210cm、コンロや電子レンジとシンクとの距離が120~180cmで、これらの距離の合計が5メートルほどになるとちょうどよいとされています。

ただ「子供や旦那と料理をするつもりなので広めに場所を取りたい」「狭くても構わないのでできるだけ動きたくない」などの希望もあるかと思いますので、参考程度に考えて間取りを決めてください。

○キッチンの高さ選びは使う人の身長で
作業のしやすさは何もキッチン内の動線にとどまるものではありません。料理を実際に作るとなりますと、台所という場で立ち続けることになります。キッチンは毎日使う方も多いでしょうから、疲れにくい作りにしたいとお考えの方もいらっしゃると思います。

カウンターが高すぎて足台が必要になっては移動に不便極まりありませんし、逆に低すぎても足腰に負担が大きくなりますので、適切な高さであるかを確認することが大切です。キッチンを最もよく利用する方の身長を半分にして五センチ加えた数値を目安にカウンターの高さを設定すると、無理のない姿勢で楽しく料理できるでしょう。

◎最後に
今回は、使いやすいキッチンにするためのおすすめの工夫として二つの観点でお話いたしました。ぜひ、間取りをお考えになるときの参考にしてくださいね。
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!