HOME > Blog

三重での新築、デザイナーズ住宅はどのような家かをご存知ですか

「最近デザイナーズ住宅という言葉をよく聞くけれど、どういう住宅なのだろう?」
このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
今回は、デザイナーズ住宅がどのようなものなのかについてご紹介いたします。

◎デザイナーズ住宅とは
デザイナーズ住宅とは、厳密な定義はありませんが、建築家などに設計を依頼して建築した住宅のことを主に指すようです。
都市部においては、土地が狭く一般的な区画の住宅を建てるには狭すぎるということがあります。
そこで特別に設計して土地を最大限利用しながら住みよい住宅を造ることを特にこう呼ぶようです。

大きな特徴として挙げられるのが、建築家と綿密な相談をしながら形を決めていくことにあります。
お客様が希望される条件を取り入れながら住みやすさといった実用面も追求するため時間はかかります。
けれども、想いを最大限形にできるうえに、他にはない個性的な外観や内装を楽しめる、デザイン性の高い住宅を造れます。

◎デザイナーズ住宅建築にかかる費用
分譲住宅などとして売られている一般的な建売住宅と比較すると、デザイナーズ住宅の費用はどうしても高くなる傾向があります。これは設計に携わる建築家に支払う報酬やデザイン料が家の建築費用に上乗せされるためです。

また、デザイナーズ住宅で使われる素材はお客様のこだわりが詰まったものであることも多く、単価が高いだけでなく、なかなか発注されていない貴重な素材であるために仕入れ値が高騰しやすいこともデザイナーズ住宅の料金が高くなる一因です。

とはいえ、ご自身のご希望を最大限形にした住宅ですので、費用が高いかどうかの価値判断は状況によって違ってくるでしょう。「高いけど、これだけの費用を払う価値がある!」となれば幸いです。

デザイナーズ住宅の費用に関して注意していただきたいポイントは、売ったときにはそれほどの価値にはならないということです。デザイナーズ住宅は特定のお客様のご希望によりつくられたものです。

同じような間取りや様式を求めている方が多くいらっしゃるというわけでもなければ、仮に他の方に売るとしても建築したときほどの料金にはなりにくいものです。「将来的に高く売ろう」という目論見で建築されるのはあまりおすすめいたしません。

◎最後に
今回は、デザイナーズ住宅がどういうものなのかということと、デザイナーズ住宅の費用に関する話の二点についてお伝えいたしました。住宅の新築をお考えの際には一度ご検討ください。
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!