住宅の魅力を決めるのは外装だけじゃない!役立つ内装のデザインの基本

新しい住まいのデザインを決める際に重要なのは、外装だけではありません。
外から見えなくても、住まいの印象は内装によっても大きく左右されます。

内装を考える時、デザインのテイストや好みは人それぞれなので、オシャレにしたくても一体どんな内装デザインが良いのか悩まれる方が多いと思います。

建築する前の段階では「こんな雰囲気になるはず」と漠然としたイメージがあったのに、完成後に「やっぱりこうしておけばよかった」という後悔をされる方も少なくありません。
そこで今回は、内装のデザインを決めるうえで大切な3つのポイントについて解説いたします。

■家具選びは内装デザインと同時に考える
一般的に、内装デザインができてから家具選ぶというケースが多いですが、この考えは内装をデザインするうえでは「間違った発想」です。

なぜなら、すでに決められた空間の中で家具を選ぶのはものすごく大変なことです。
「形は気に入ったけどサイズが合わない」「サイズはちょうどだけどデザインが好みじゃない」など、内装デザインが決まった後に家具選びはとても限定されます。

せっかくお気に入りの家具を見つけたのに、サイズが合わないから妥協して気に入らないものを買うのは、とても勿体ないですよね。
内装デザインを決める際は、必ず家具選びも同時進行で行うことが大切です。

■床は高くてもできるだけなるべく良い素材を!
意外と思われるかもしれませんが、質が高い床材を選ぶことも大切なポイントです。
床は住まいとともにあり、人の体が直接住まいに触れ続けるのは「床」だけではないでしょうか。そのため床の素材を厳かに選ぶと、想像以上に空間に反映されます。

最近では木の質感を感じることができる、無垢材フローリングが人気です。メンテナンスや耐久性に不安があるという方でも安心して取り入れることができます。
内装デザインを考えるうえで床にこだわりを持つことも非常に大切です。

■並べるものは規則性を持たせる
空間を美しく見せるためには、「規則性を持たせる」ことが大切です。
「規則性を持たせる」ということは、家具の配置や扉の高さ、収納の間隔などを均等に揃えるということです。

人間というのは、空間にあるものの釣り合いが崩れると違和感を感じる傾向があります。
スッキリと高さ・間隔が揃っている空間は、安心感を与え、家具を配置したときにより美しさを増します。つまり、チグハグにせず内装をスッキリ美しく整えることがポイントです。

■まとめ
今回は、住宅の内装デザインを決めるうえで大切なポイントについて解説いたしました。
内装デザインにお悩みの際は、ぜひ一度弊社へお気軽にご相談くださいませ。
無料土地情報お届けサービス
リフォーム&リノベーション
資金計画無料相談
家づくりブログ
リクルート
三重の注文住宅
資料請求・お問い合わせ
エヴァハウス
[本社]
〒519-0166 三重県亀山市布気町790-12
TEL:(0595)82-7766 FAX:(0595)82-7758
E-mal:biken-mie@evahhouse.co.jp
フリーダイヤル:0120-79-3855(受付時間:AM9:00~18:00)
http://www.evahhouse.co.jp/
[名古屋オフィス]
〒464-0075 名古屋市千種区内山1-17-17 HATT BLDG
TEL:(052)735-9702  FAX:(052)735-9703
E-mail:biken-nagoya@evahhouse.co.jp
フリーダイヤル:0120-79-3855(受付時間:AM9:00~18:00)
http://www.evahhouse.co.jp/
[建設業] 三重県知事許可(般-21)第1637号 [住宅瑕疵担保保険] 登録番号 10020213
[宅地建物取引業] 三重県知事 許可(1)第2927号 [蟻害損害賠償責任補償制度] 登録証 0402-210-0009
[営業エリア]
三重県:鈴鹿市・亀山市・津市・四日市市・桑名市・いなべ市・菰野・伊賀市、松阪市
愛知県:名古屋市内・愛知県全域
※一部施工できない地域がございます。お問い合わせ下さい。
※当サイトに記載されているデザイン・画像・テキストを無断で転載・使用することを、固く禁じます。