HOME > Blog

住宅が家事を楽にしてくれる掃除のしやすい間取りとは?

住宅を購入するにあたって自分の思い通りの家を買うというのはとても重要です。
思い通りの家というと、外観や内装を自分の趣味に合わせたり、車が好きな人は大きいガレージをつくったり、庭が欲しいという方はきれいな花壇をつくったりなどが考えられます。

その中で、重要でありながら忘れられがちなのが、掃除のしやすい家ということです。
これから長年暮らしていくマイホームが、自分の好みの家を建てたばっかりに掃除しにくくなってしまったら後々後悔してしまいます。

そこで今回は、マイホームの購入後もずっとその家をきれいに保てるような掃除のしやすい間取りに関してお話していこうと思います。


【掃除をしやすい家にするためのポイント】

・玄関と廊下
 玄関を広くしたいという希望をお持ちの方はたくさんいらっしゃると思いますが、玄関を広くしても靴を収納するスペースがなければ玄関は片付けの難しい場所になってしまいます。
特にお子さんが多く玄関を利用する人の数が多い世帯や、靴が好きでたくさんの靴を持っているという方は、大きめのクロークもしくは玄関収納のスペースを確保しておくことで、スムーズに問題なく玄関を使うことができます。

・コンセントの位置
 家具の設置や間取りにばかりに気をとられてコンセントの位置をしっかり考えないと、掃除機をかけるときにコンセントが遠くて掃除しにくいというトラブルが起きてしまいます。
また、「コンセントを延ばせばいい」と考えてしまうと、そのコンセントにたくさんのほこりが集まってしまいますので、できるだけ延長コードなどを使わなくていいようにコンセントの位置を考えましょう。

また、コンセントは場所だけでなく数にも注意が必要です。
延長コードをできるだけ使用しなくて済むように位置を考えたら、今度はたこ足配線をする必要がないようにコンセントの数を考えて少し多めに設置しておきましょう。
たこ足配線も掃除しにくくなる要因のひとつです。

・凸凹の少ない間取りにする
 皆さんが掃除をするときに苦労するのはやはり部屋の隅などのほこりが溜まりやすい場所だと思います。
そのため、間取りを考える段階から部屋の凸凹をできるだけなくしておくことで、ほこりが溜まりやすく掃除のしにくい箇所を減らすことができます。

・オープンな棚や間接照明はつくりすぎない
 扉のない棚や間接照明はインテリアにもってこいのデザイン性が高いものです。
しかし、これらはほこりが溜まりやすく掃除をするのも大変ですので、作りすぎないように場所を限定して設置しましょう。

掃除をしやすい家を建てることは、家事をする方にとってとても重要なことです。
新たに住宅を購入しようと考えている方はぜひ掃除のしやすさにも焦点を当ててみてください。
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!