住宅のキッチンを使いやすくするための間取りのポイント!

みなさんこんにちは。

これから住宅を購入しようと考えている方の中で、キッチンの間取りを悩んでいるという方はいらっしゃいませんか?
家事を行う方にとって、キッチンの間取りは最も重要なポイントの一つとも言うことができます。

毎日使うキッチンが使いにくかったり、収納スペースが少なかったり、リビングやダイニングと完全に隔離されていたりすれば、使っているうちに嫌になってしまいますよね。

また、逆にキッチンが使いやすく、便利であれば毎日の家事も楽しくなると思います。
そこで今回は、住宅のキッチンの間取りに関してお話していこうと思います。


【キッチンの間取りで気を付けるポイント】
1.使いやすい高さにする
使いやすいキッチンにするために重要なのが、自分に合ったキッチンの高さにすることです。
高さが高かったり低かったりすると楽な体勢で作業をすることができなくなってしまします。

ある会社の基準によれば、キッチンの高さの目安は「身長÷2+5㎝」といわれています。
しかし、あくまでも基準であるので実際のキッチンの高さを実感してみて自分に合っているかどうかを確かめることがとても重要です。

2.作業導線、通路の確保
作業導線と人が通る通路を考えてキッチンの間取りを決めることも重要です。
作業導線とは、キッチンで作業するときに動く道筋のことで、例えば料理の際によく使うコンロとシンク、冷蔵庫がばらばらの配置でいちいち動くのが面倒にならないように、短距離の移動でこれらを使いこなせるよう配置する必要があります。

また、料理、食器を運ぶ際に通路が狭いと運びづらくて危険です。料理を作るときのことだけを考えてキッチンのスペースを確保するのではなく、少しゆとりをもって通路を確保することがおすすめです。

3.置き場に困りそうなものは事前に収納スペースを確保する
お子さんが多く大人数の家族であれば、食器の数もたくさんあると思いますし、こだわりの料理グッズなどがある方は、それらの収納スペースも必要です。
そういったっ収納スペースをたくさんほしいといったような方は、キッチンの間取りを考える際に先に収納スペースを確保しておくことがおすすめです。

また、その収納スペースを考える際に、小さく軽いものを高い場所に、重たく大きいものは低い収納スペースに置き、使用頻度が高いものはまとめて真ん中くらいの収納スペースに置いておくことで、使いやすいキッチンになります。

他にも、家事のことを考えて洗濯機や物干し竿がある場所、お風呂場に対して近い、動きやすい位置にキッチンを置くなど、キッチンの間取りは他の間取りを決める際にも重要になってきます。

ぜひ、この文章を参考にして納得のいくキッチンの間取りにしてください。
無料土地情報お届けサービス
リフォーム&リノベーション
資金計画無料相談
家づくりブログ
リクルート
三重の注文住宅
資料請求・お問い合わせ
エヴァハウス
[本社]
〒519-0166 三重県亀山市布気町790-12
TEL:(0595)82-7766 FAX:(0595)82-7758
E-mal:biken-mie@evahhouse.co.jp
フリーダイヤル:0120-79-3855(受付時間:AM9:00~18:00)
http://www.evahhouse.co.jp/
[名古屋オフィス]
〒464-0075 名古屋市千種区内山1-17-17 HATT BLDG
TEL:(052)735-9702  FAX:(052)735-9703
E-mail:biken-nagoya@evahhouse.co.jp
フリーダイヤル:0120-79-3855(受付時間:AM9:00~18:00)
http://www.evahhouse.co.jp/
[建設業] 三重県知事許可(般-21)第1637号 [住宅瑕疵担保保険] 登録番号 10020213
[宅地建物取引業] 三重県知事 許可(1)第2927号 [蟻害損害賠償責任補償制度] 登録証 0402-210-0009
[営業エリア]
三重県:鈴鹿市・亀山市・津市・四日市市・桑名市・いなべ市・菰野・伊賀市、松阪市
愛知県:名古屋市内・愛知県全域
※一部施工できない地域がございます。お問い合わせ下さい。
※当サイトに記載されているデザイン・画像・テキストを無断で転載・使用することを、固く禁じます。