HOME > Blog

面積は同じでも部屋も広く見せる、広く感じさせる間取りを紹介します。

みなさんこんにちは。

みなさんが部屋の間取りを決める際に注意する点は何ですか?
家事動線を考えて、家事の行いやすい間取りにしたり、子どもが暮らしやすい間取りにしたりなど頭を悩ませることはたくさんあると思います。

その中でも、部屋を広く見せる、広く感じることができる間取りにしたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

友人の家を訪れ、面積を聞いたときに案外広く感じる、広く見えると感じることもありますよね。
今回は、そういった部屋を広く感じさせるための間取りに関してお話していこうと思います。

【部屋も広く感じさせる要素とは?】
先ほども上でお伝えしたように、皆さんも部屋に入った際に面積のわりに部屋が広く感じるという経験をしたことがあると思います。その原因は様々で、窓の大きさや家具の配置の仕方、インテリアの色、天井の高さなどが挙げられます。

こういった点を意識すれば、狭いと感じてしまうような住宅でも広々と感じることができるのです。
また、これらの点を活かせれば、住宅を建てる際に土地の面積を気にしすぎることがなくなり、狭小住宅でも間取りでなんとかできると考えられて、住宅の選択肢が広がります。


【部屋を広く見せるコツ】
1.すっきりとした家にする
当たり前のことですが、モノがたくさんある空間は狭く感じてしまいますし、収納スペースを確保することは大切です。
また、たくさんの家具を置いて収納スペースを広げるのではなくて取り付けの収納を設計の段階で設けておくことで、壁の凸凹をなくし、部屋を広く感じさせることができます。

家具を設置するときも背の高い家具ではなく、低い家具で高さをそろえることで、視界を遮るものが減り広く見せることができます。

2.淡い色を基調にする
二つ目の広く見せるコツは、部屋の中のインテリアの色を淡い色をメインにすることです。

例えば白などの膨張色を利用することで広く見せることができます。
具体的にどういった配色にしていくのがおすすめかというと、床、壁、天井の順にだんだん色を淡くしていくことです。
天井をあまり濃い色にしてしまうと圧迫感が出てしまいます。

3.奥行よりも幅を広げる
視覚的に人は奥行きがある空間よりも幅が広い空間のほうが広く感じることができます。
廊下や玄関で特徴的ですが、長い玄関や長い廊下よりも幅が広い方が広く感じることができると思います。

他にも窓を広げる、吹き抜けをつくる、段差を設けるなど、部屋を広く見せるための工夫はたくさんあります。
今後住宅の購入を検討するという方はこういった点を意識して住宅を購入してみてください!
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!