HOME > Blog

三重で注文住宅をお考えの方必見!年収ごとの費用を紹介!

「注文住宅を建てようと考えているけど、どれくらいのお金が必要なのか分からないのでとりあえず年収ごとの平均費用を知りたい。」
「自分の年収では注文住宅にどれくらいお金をかけるのが平均的なのかを知った上で、プランを立てたい。」
このようなことをお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
注文住宅ではかなり大きな金額のお金が動くので、コスト面においてはなるべく損や無駄はなくしたいですよね。
また、一生モノの買い物といっても過言ではありません。
そのため、後悔のない注文住宅に仕上げるためにも、自分の年収に見合った費用を知っておくことをおすすめします。
ここでは、注文住宅の年収ごとの費用を紹介していきます。


□注文住宅を建てた方の平均年収

国土交通省の調査によると、この平均年収は約660万円だそうです。
三大都市だけではこの平均は約700万円と跳ね上がりますが、三重県はその都市の郊外に当たるため、全国平均と大体同じくらいになります。
また、費用の8割までがローンの上限とされていますが、平均では費用の約3〜4割を自己資金でまかなえています。
このデータから、余裕を持って注文住宅のための資金を用意できている方が多いと言えます。


□年収ごとの予算

上記の通り余裕を持って自己資金を用意する方が多いですが、おおよその予算の目安としては年収の5倍前後であるとされています。
しかし年収によって多少の違いが生じるので、年収ごとに見ていきましょう。

*年収1000万円の方

目安としては、予算は約 5000万円となります。
この予算が多ければ多いほど住宅ローンの額は増えますが、一方で生活固定費の比率が下がるため返済ができなくなる心配はほとんどありません。
目安通りか、多少高く予算を組んでも問題はないでしょう。

*年収500万円の方

目安としては、予算は約2500万円となります。
年収1000万円の方と比較すると生活固定費の比率が高くなってしまうため、自己資金にあまり余裕を持てない状況になる恐れがあります。
世帯の人数によってはさらにこの費用が増える可能性もあり、返済の負担が大きくなってしまうので注意しましょう。


□まとめ

・国土交通省の調査によると、注文住宅を建てた方の平均年収は約660万円で、三大都市ではさらに高くなる傾向がある
・予算の目安は年収の5倍であるが、年収によって生活固定費に違いが生じるので注意するべきである

以上が、注文住宅の年収ごとの費用です。
自分の年収と照らし合わせるために年収ごとの注文住宅にかけた費用を知りたかった方には、ぜひこちらを参考にしていただければ幸いです。
何か分からないことがあれば、お気軽にお問い合わせください。
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!