HOME > Blog

デザイナーズ住宅を安く建てたい方必見!安く建てるポイントを三重県の業者が解説!

デザイナーズ住宅をお考えの方はいませんか?
「デザイナーズ住宅って憧れるけど高そう」
「デザイナーズ住宅を少しでも安く建てる方法ってないの?」
このようにデザイナーズ住宅を安く建てたいとお考えの方も多いではないでしょうか。
しかし、デザイナーズ住宅は一般の住宅と比べて高価なことも事実です。
そこで今回は、デザイナーズ住宅を少しでも安く建てるためのポイントをご紹介します。


□そもそもデザイナーズ住宅の相場は?

できるだけ安い価格でデザイナーズ住宅を建てるためにも、相場は知っておきたいですよね。
そこで住宅面積の平均と建設費の平均を見ていきましょう。

*全国平均と地域別平均

全国平均では、住宅面積の平均が約40坪で建設費は約3000万円となっています。
首都圏では、住宅面積の平均は約50坪で建設費が約3500万円です。
近畿圏の住宅面積の平均が約60坪で建設費は約3000万円です。
東海圏の住宅面積の平均が約70坪で建設費が約3000万円です。
結果として、首都圏の坪数は一番小さいにも関わらず、建設費が一番高くなっています。


□デザイナーズ住宅を安く建てるコツ

*「企画住宅」にする

デザイナーズ住宅の中でも全てカスタマイズされた設計や部材を使うのはおすすめしません。
実績のある規格品を基に設計する「企画住宅」がおすすめです。
「企画住宅」は全てを設計するデザイナーズ住宅に比べて基本設計がある程度決まっています。
そのため、完成がイメージしやすいというメリットもあります。

*住宅の形をシンプルにする

住宅の形をデコボコさせずにできるだけ1階と2階の大きさが同じ総二階建ての間取りにしましょう。
結果として、コストを削減できます。
また、間取りの形を正方形に近づけることでコストを抑えられます。


□安く建てるための具体的なポイント

*施工面積(床面積)を減らす

コスト削減のために、図面ができてから施工面積を減らすのではいけません。
計画段階から施工面積を少なくするように設計していきましょう。
単純に規模を縮小させるだけでは、構造的、デザイン的にもバランスが悪くなってしまいます。
また、大幅な図面修正を加えるには大きな手間がかかってしまいます。
そのため、計画段階から施工面積をできるだけ減らして設計しましょう。

*屋根の勾配は緩く、形は単純に

せっかくのデザイナーズ住宅、屋根も凝ったデザインにしたいですよね。
しかし、複雑なデザインほど多くの材料を使うため、コストが高いです。
屋根の形を単純にして、勾配を緩くすることで建設コストを抑えられます。

*フェンスや門扉を設けない

外構は門扉やフェンスにかかる費用が多くを占めています。
そのため、それらを設けなければ大幅にコストダウンできます。
見た目が物足りなければ玄関周りに植栽をあしらうことで、フェンスの役割を果たせます。

*部屋を作らずスペースの一部を活用する

部屋を設けるためには仕切る壁、出入り口の建具が必要なため、必然的にコストが高騰します。
リビングの一角を仕切って部屋を使うようにしましょう。


□まとめ

今回は、デザイナーズ住宅を少しでも安く建てるためのポイントをご紹介しました。
当社では、デザイナーズ住宅についてのご相談を随時受け付けております。
デザイナーズ住宅の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!