HOME > Blog

三重で注文住宅を建てたい方必見|家事動線のポイントとは

「できるだけ家事の簡単な家にしたい」
「日々の労力をできるだけ少なくしたい」
こういった思いをお持ちの方もいらっしゃると思います。
毎日の家事は体力も必要ですし、時間もかかるので体力的にも精神的にも疲れますよね。
特に毎日自宅で料理を作っているという方や、家族が多いという方は少しの労力が大きな負担になると思います。
少しでも負担を減らして楽に家事をこなすために重要なのは、家事動線をしっかりと考えることです。
そこで今回は、現在注文住宅の建設を検討中の方に、家事動線のポイントに関して解説します。


□家事動線とは

家事動線とは、家事を行う際にどの部屋をどのように通過する必要があるかを表した、家事を行う際の経路のことです。
例えば、洗濯を行う場合は洗濯室からベランダそして収納場所といった経路が家事動線になります。
この経路が短ければ短いほど、家事をスムーズに行うことができます。


□家事動線で失敗しないためのポイント

*収納

収納は片付けたいものが全て入るような広さであれば良いというものではありません。
しっかりと考えずに作った広い収納スペースは他の部屋のスペースを狭くするだけでなく、使いづらくなってしまう可能性もあります。
使いたいときにパッと取り出せなかったり、出し入れが面倒になったりするとこれも家事の負担やストレスを増やすことになってしまいます。
そうならないためには、どこで何を使うのか、何をどこに片付けるのかということまでしっかりと検討する必要があります。
例えば、衣服などを片付けるクローゼットは洗濯物を干す場所やたたむ場所と近くに設置することで無駄な移動を減らすことができます。

*回遊できる動線にする

キッチンと洗面所やトイレなどの水廻りがドアで繋がっており、ぐるりと回りこめる動線を回遊動線と呼びます。
一直線の動線よりも行き止まりがなく、ぐるぐると移動しながら家事が行えるため、無駄な移動距離を減らすことができます。
朝の忙しい時間には少しでも移動時間を短くできると、時間に余裕をもって家事を行うことができますし、また、朝の時間は家族全員が準備をするので一直線の間取りにすると家の中で渋滞が起きてしまうこともあります。
家事をスムーズに行うためには、家族の移動のことも検討する必要があります。


□まとめ

注文住宅は自由度が高いため、こだわりをもって建てたいと考えている方もたくさんいらっしゃいます。
しかし、デザイン性や趣味を意識しすぎると機能性が悪い間取りになってしまう危険性があります。
そうならないためにも、家事をするときのことを考えながら快適で動きやすい動線を作れるようにしてください。
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!