HOME > Blog

名古屋で注文住宅を購入したい|失敗例についてご紹介します!

「注文住宅を購入したいけど、気を付けておくべきことって何があるのかな」
「注文住宅を購入する際の失敗例について知りたい!」

このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

住宅の購入は一生ものといっても過言ではないため、失敗したくないですよね。
そのため、事前に失敗した例について知っておくことが大切です。

今回は、注文住宅を建てる際の失敗例についてご紹介します!


□導線で失敗

家事導線は注文住宅を購入するうえで非常に大切なポイントです。
キッチンで料理を行いながら同時に洗濯もしたい、というのは主婦の方にとってはよくあることですよね。
そのため、間取りを考える際は毎日の生活の流れをイメージしながら考えてみてください。


□お風呂場での失敗

お風呂場での失敗で多いのは、お風呂場が狭いこと、窓がないこと、そして掃除がしにくいことです。

お風呂の広さは広すぎてもガス代や水道代がかさんでしまうので、足を伸ばしてゆったり入れるくらいのスペースがおすすめです。
また、最近では防犯などの理由で窓を付けないという方もいらっしゃいますが、窓がないと湿気がこもりやすくなったり、浴室が暗くなったりといったデメリットもあります。

掃除のしやすさに関しては、お風呂の素材や色を選ぶ際に、カビの生えにくさも考えて選ぶことが大切です。


□収納スペースでの失敗

収納スペースでの失敗例で多いのは、収納したい物が入らないということです。
間取りを考える際にある程度は収納したい物を考えますが、本当に入るかどうかまで確認する必要があります。

例えば、広さは十分でも奥行きがないと入らないものや、高さが必要なものもありますよね。


□業者選びでの失敗

理想の家のイメージはできても、業者がそれを実現してくれなければ意味がありませんよね。
業者の中には、自分都合で目先の利益だけにこだわった悪徳業者もいることを理解しておく必要があります。
こちら側の意見にはしっかり耳を傾けてくれているか、見積もり書は丁寧に記載されているか、など事前に信頼できる業者かどうか見極めることが大切です。


□まとめ

今回は、注文住宅を購入する際の失敗例についてご紹介しました。

注文住宅は、間取りやデザインを自由に決められますが、その分注意しておかなければならない点も多くあります。

しっかりと情報を集めて後悔のない家づくりを実現させてくださいね。

名古屋で注文住宅をお考えの方は、ご質問、ご相談など、お気軽に当社へご連絡ください。
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!