HOME > Blog

三重で注文住宅を探している方必見!住宅ローンの組み方をご紹介!

「そろそろ子供が生まれるから住宅を購入したいけど、お金のことが気になる」
「住宅を建てる時の資金計画についてわからないことばかりで不安だ」

このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

新しく住宅を購入するときはわからないことがたくさんあって、さまざまな不安がありますよね。

今回は住宅を建てる時の資金計画についてと、住宅ローンの組み方についてご紹介します。


□そもそもなぜ資金計画をするのか

資金計画がうまくできなかった時、どのような事態が起きるのでしょうか。

「毎月のローンが返済できない」
「返済できなくて家を失ってしまった」
「家を失って家族に大迷惑をかけてしまう」

このような事態が起きます。

ではこうならないためにはどのように資金計画を立てていけばいいのでしょうか。

一番大切なことは、1000万円あっても1000万円の新居を建てられるわけではないことを知ることです。

家を建てる時の費用は、本体価格が約70%、付帯工事費が約20%、その他諸経費が約10%なのです。

これを知っているかどうか、また知った上で資金計画を立てるかどうかによって、資金計画が成功するかどうかがかかっています。


□住宅ローンの組み方

注文住宅は複数回の支払い回数がありますので、住宅ローンも複雑です。
そのため住宅ローンのポイントを知ることが大切です。

*注文住宅の建築の流れ

最初の約二ヶ月は間取りの打ち合わせがあり、それと並行して銀行で住宅ローンの審査があります。
次に、プランが決まったら契約をします。
約一ヶ月ほどで棟上げをし、その後建物が完成してから住宅ローンが実行され引き渡しになります。

*注文住宅の支払金の種類

契約時手付金、土地決済金、建物着工金、建物中間金、建物決算金の五種類があります。

住宅ローンは建物完成後にその建物と土地を担保として実行されます。

これらを頭に入れた上で住宅ローンを組むことをおすすめします。

住宅ローンの手続きは複雑ですが、わからないことは依頼する業者に相談しましょう。


□まとめ

今回は、住宅を建てる時の資金計画についてと、住宅ローンのポイントをご紹介しました。

家を建てる時の費用は、本体価格が約70%、付帯工事費が約20%、その他諸経費が約10%ということを頭に入れておきましょう。

また、住宅ローンは、建物完成後のその建物と土地を担保として実行されるということでした。

この他に何かご質問がございましたら当社へお気軽にご相談ください。
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!