HOME > Blog

三重の建築家おすすめ!木造住宅を建てるメリットとは?

「注文住宅の構造はどんなものがあるの?」
「木造住宅が良いって聞くけど、メリットって何なの?」
コンクリート構造や鉄骨構造といった構造もありますが、日本では木造住宅が主流です。
しかし、木造住宅についてあまり知らないし、なぜ木造構造が主流なのか知らないですよね。
今回は三重の建築家が木造住宅を選択するメリット、デメリットをご紹介します。

□そもそも木造住宅の特徴とは?
木造住宅では木材を使った木造軸組工法が採用されています。
日本で木造住宅が大半を占めるのは、森林資源が豊富で気候風土に即しているからです。

□メリット
*建築費用が安い
コンクリートや鉄骨に比べて材料費ははるかに安いです。
木材は比較的入手しやすく、構造自体が軽いので、基礎工事にあまりコストがかかりません。
また、木材自体に厚みがあるので耐火性に優れ、熱伝導性も優れているので、断熱性を高めるための工事も必要ありません。
コストが他と比べて安いのは木造住宅の良いポイントです。

□自由度が高い
木造軸組工法では基礎土台と、柱と梁で強度を保ちます。
そのため、間取りや内装の設計を自由に設計できます。
急な斜面でも設計しやすいのが特徴です。
また、リフォームやイノベーションをするとき、間取りの変更や増築が容易で、将来の家族構成が変化したときにも対応できます。
また、木造住宅を取り扱っている業者が多種多様です。
自分の希望する設計に応じた業者を選択すれば、理想に近い木造住宅が完成します。

□木材の精神的な効果
木材には疲労回復に効果があると証明されています。
目の疲れも軽減され、匂いは癒しをもたらします。
また、木材は梅雨や夏には水分を吸い取り、冬の乾燥には蓄えている水分を放出します。
木造住宅は天然に近い環境を作り出し、人間をリラックスさせます。

□デメリット
*耐久性に劣る
木造住宅は鉄骨やコンクリートと比べて耐久性が劣ります。
長期間住むためには計画的なメンテナンスが必要です。
木材は雨風の影響を受けやすく、劣化や害虫が発生するのでそれらが構造に影響を与える前に修復しましょう。

*火災に弱い
他の構造と比べて木造住宅は火に弱いです。
ただ、木は燃えやすいですが燃え尽きるまでは意外と時間がかかります。
木造構造は延焼対策も十分に施されており、万一の場合でも一定時間の猶予(ゆうよ)はあります。

*防音性に優れない
木造住宅では生活音が漏れることがあります。
楽器演奏や音楽鑑賞が趣味の人にとっては不向きだといえます。

□まとめ
木造住宅は耐久性や耐火性は他の構造に劣りますが、自然に近い環境を作り出します。
また、コストも抑えられて自由度の高い自宅を実現できます。
ぜひ、自由度の高い木造住宅を建ててみませんか?
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!