HOME > Blog

亀山市のプロが教える!リフォーム時の頭金とは?

長年慣れ親しんだ家も年数が経過するとどこかに傷みがでたりして、新しいデザインや設備にしたくなりますよね。
そんな時に考えるのがリフォームだと思います。
リフォームのように大きなお金が動く際には頭金が必要だと聞いたことはありませんか?
しかし、頭金とはそもそも何なのか、いったいいくら必要なのかについてはよくわからないことが多いのですよね。
そこで、今回はリフォームの頭金にはいくらかかるのかについてご紹介します。

□そもそも頭金とは?
頭金とは家を購入したり、リフォームしたり大きな買い物をするときに支払える現金のことです。
大きな買い物の際には大抵の人はローンを組んで支払いをします。
頭金が多ければ多いほど、このローンの負担を減らせるわけですが、ここで注意が必要なことがあります。
それは、貯金全部が頭金に当てはまるわけではないということです。
例えば、貯金は300万円あるけど、このリフォームにあてられる費用は100万円ならば、頭金は100万円ということになります。
リフォーム以外にも普段の生活費などお金はたくさんかかりますよね。
そのため、そういったことも念頭において頭金でいくら用意できるのかを検討する必要があります。

□リフォームの頭金はいくらかかる?
リフォームの際に頭金が必要かどうかはそのリフォーム業者によって異なります。
必要かどうかだけではなく、いつ支払うのか、どれだけ支払うのかも業者によって異なるので注意が必要です。
契約の際に確認するようにしましょう。
通常、頭金は工事費用の10パーセントから20パーセントと言われています。
業者によっては工事の材料費を全額請求してくるようなところもあります。
業者選びもリフォームの費用を抑えるためには重要なポイントです。
基本は相見積もりといって、複数の業者から見積もりを出してもらって、比較検討してから業者を選ぶことが大切です。

□リフォームの資金はどうやって用意する?
全額現金で払えたらそれでいいですが、現実的ではないので多くの方はリフォームローンを組んで支払います。
リフォームローンの特徴としては
 
・担保がいらないこと
・返済期間が10年から15年ほどあること
・融資額が500万から1000万円
・利息が高いこと
・契約時の手数料が安いこと

などが挙げられます。
リフォームローンは住宅ローンに比べて融資額が少なく、返済期間も短くなります。
また、リフォームの費用を現在返済中の住宅ローンにいれることもできます。
もう1度住宅ローンを組みなおす方法です。
どちらがお得かはきちんと計算することが必要です。

□さいごに
今回はリフォームの際の頭金についてご紹介しました。
大金がかかるリフォームにおいては、お金の管理をしっかりとして納得のいくものにしてくださいね。
もし、なにかお困りでしたら、亀山市の方はエヴァハウスにご相談ください!
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!