HOME > Blog

亀山市の業者が解説!気になる和風リフォームとは?

歳を重ねてくると子供も巣立っていき、今までの生活とは変わったものになってきますよね。
そのため、心機一転リフォームをしてみよう、という方もたくさんいらっしゃると思います。
最近ではもともと洋風だった家を和風にリフォームしたい、という方がたくさんいらっしゃいます。
慣れ親しんだ家も和風リフォームで畳や、木、縁側などなど温かみのある空間に生まれ変わり、ますます愛着が湧くことでしょう。
そこで今回は、和風リフォームの参考にしていただくために、さまざまな事例についてご紹介します。

□和風リフォームの事例
*玄関
玄関は家の中にはいって1番最初に目に入る場所です。
ここが和風でおしゃれであれば、仕事から帰った時にも、お客さんを迎えるときにも落ち着きを与えてくれます。
和風リフォームをする多くの方がやっているのが扉を引き戸にすることです。
引き戸にすることによって和風らしさ、情緒を感じるだけではなくて将来のことを考えたバリアフリーにもなり、一石二鳥ですね。
また、扉を格子戸にすることによって暗い玄関を自然の柔らかさで明るくできます。
さらに、広い土間を設置する方も多くいます。
石板や木材などの和風ならではの自然素材を利用します。

*居間
居間は広い分様々な工夫ができます。
例えば、土間を居間に設置したり、掘りごたつをつくったり、壁を漆喰で塗り直すといった工夫ができます。
また、廊下を居間の1部にしてしまって居間の空間をより広げるという手もあります。
空間が広くなった分そこに畳の土間を設置できる余裕も生まれます。

*キッチン
家事をする人にとって、キッチンは1日の大半をすごす場所です。
そのため、下手にリフォームをすると、生活動線をふさいでしまい、オシャレではあるけど、不便な設備という本末転倒なものになりかねません。
家族と特に話し合うことが必要です。

キッチンの和風リフォームでは木目のある材質にするなど、自然の温かみを感じさせるデザインに変える方が多いです。
また、収納であえてフライパンや鍋、まな板などを見せるようにするのも昔の日本の雰囲気を再現しています。

*和風モダン
最近流行しているのが日本の伝統的な和と欧米のモダンスタイルを合わせた和風モダンです。
例えば、畳、障子、木材が使用されている白い明るめの和室の個室にレトロでシックなソファを置いて和風モダンを演出できます。
すっきりとおしゃれな印象になります。
白黒のモノトーンを意識することがコツです。

*明かり
明かりは場所を選ばず、どこでも雰囲気を一変させられます。
障子で覆われたようなデザインの明かりをつるしたり、間接照明をおいたりすることで、優しい光の居心地のよい空間になります。

□さいごに
今回は和風リフォームについてご紹介しました。
和風で日本の伝統的な部分を取り入れた家は落ち着いて暮らすにはぴったりです。
もし、亀山市で分からないこと、不安なことのある方はお気軽にエヴァハウスにご相談ください!
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!