HOME > Blog

注文住宅の外観で失敗しないためのポイントは?亀山市の住宅会社が解説!

憧れの注文住宅、かっこいいものを建てたい!
こんな思いをお持ちの方が多いのではないでしょうか。
今日はそんな方に向けて、どうしたら失敗しない外観にできるのかについてのコツを解説します。


□注文住宅の外観

注文住宅の外観の失敗として考えられるのは大きく分けると

・色
・デザイン

の二つです。
色は組み合わせが難しく、注文住宅においても後からみるとどこか変になってしまったという失敗が多いようです。
デザインは材質や形状など、細かいところにも雰囲気が左右されてしまうので、どう調和させるかが重要です。
では、色やデザインの組み合わせで失敗しないためにはどうすればいいでしょうか。


□失敗例

*周りから浮いてしまう
いくらかっこいい外観がいいといっても、周辺の住宅や景色とかけ離れた色であってはあまり浮いてしまいます。
そこで、家を建てる前にいったん周りの景色との配色を考えましょう。

*白色は危険?
意外にも、後悔しているポイントとして白色に関する点が多いようです。
その理由としては

・白色は影になったときに目立つ
・日が当たった時に思っていた色と違う

などがあるようです。
日光の当たり具合も考えて色を選んだほうがいいかもしれませんね。

*フラットに見える外壁
昔からある塗料だと、壁はでこぼこに見えるものが多いです。
しかし、そこでお洒落に攻めようと思ってフラットに見える外壁を選び

・思っていたよりも安っぽく見える
・閉鎖的に見える
・デザイン性がない

と後悔してしまうこともあるようです。

*外国風
こちらもお洒落さを追求して

・ヨーロッパ調
・リゾート風
・カントリー調

などの建物を建てる方も多いかもしれません。
こちらも失敗の要因としては、
「画像で見る時と全然違う」
という声が多いようです。
イメージ画像は通常、天気がいい日に取られてカメラの光を取り入れたもの。
形を把握する程度の認識にとどめておいた方がいいかもしれません。

*通行人に丸見え
外観の失敗例として、結構多いのが通行人から見えてしまうデザイン。
「見えても平気!」
という方なら構わないのですが、プライバシーを気にする方なら生活イメージに沿ってデザインした方がいいかもしれません。
あまりに華やかすぎても、セキュリティ的に良くないかもしれません。
また、照明がついた時にどう見えるかもポイントです。


□最後に

今日は注文住宅の外観で失敗しがちなところをまとめました。
住宅は素材も大きなポイントなので注意して選んでください。
ぜひこの記事を参考にして後悔のないデザインにしてくださいね。
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!