HOME > Blog

亀山でリフォームがしたい!予算の決め方ってどうすればいいの?

マンションや新築をリフォームする人は増えてきてますよね。
自分もリフォームをしてみたいけど、予算の決め方が分からない。
注意するべきことを知りたい。
このように思う人は多いと思います。
そこで今回は、マンションや新築をリフォームする際の予算の決め方や、その注意点を解説していきたいと思います。

□リフォーム内容と相場から考える

リフォームをする、といっても家全体をリフォームするのか、一部分だけをするのかで予算は大きく変わってきます。
そこで、はじめに自分のするリフォームの規模を考えましょう。
それが決まれば、次にリフォームの優先順位を決めていきます。
自分が絶対にリフォームしたい所から、お金が余ればしたいと思うところまで検討してみてください。
ここまで決まれば、次にリフォームの大まかな相場を見て仮の予算を決めましょう。
大手のリフォーム業者であれば、ホームページに過去のリフォーム予算や、大まかな予算の値段が載っています。
また、必要なパーツや加工費など、細かい部分に分けていたり、パック価格を紹介していたりするので参考にしてみましょう。

以下に相場の一例を挙げておきます。
キッチン100ー150万円、リビング100-150万円、外壁90ー120万円、全面リフォーム1000万円となっています。

□業者の質とパーツ価格を考える

自分の希望が明確になったら、次はリフォームに使う素材や部品の値段を調べましょう。
そうすることで、おおよその値段を割り出すことができます。
例えば、トイレリフォームの場合、トイレ本体の値段とその周辺器具の値段を調べることで、具体的な値段をイメージできます。
また、これと同時に業者の質も考慮して予算を決めましょう。
業者によってリフォームのやり方や値段が異なります。
自分の満足のいく業者が選べるようによく検討しましょう。

□予算決定の注意点

先ほども述べましたが、予算の作成においては業者の選択に注意が必要です。
具体的には、複数の業者に見積りをしてもらったり、素材やパーツの値段を査定してもらうことが大切です。
その後自分の満足のいく価格でリフォームを提供してくれる会社を選びましょう。
そうすることで、リフォームの契約や手続きもスムーズに進められます。

□まとめ

以上がリフォームの予算を作成する際の決め方と注意点です。
リフォームの予算は決して安い値段ではありません。
今回の記事を見て、少しでも疑問や気になることがありましたらお気軽に弊社までご意見、ご連絡ください。
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!