HOME > Blog

デザイナーズハウスの3つの注意点|三重県で注文住宅を建てるなら

「せっかくの新築だからデザイン性にこだわった住宅にしたい」
「デザイン性にこだわったデザイナーズハウスを考える上で、注意しておくべき点があれば知っておきたい」
新築を検討されている方の中には、デザイン性にこだわったデザイナーズハウスに関して上記のようにお考えの方も多いのではないでしょうか?
人生で一番高い買い物と呼ばれる新築住宅ですから、デザイン性にもこだわったものにしたいところですよね。
しかし、デザイン性にこだわったデザイナーズハウスを検討される際は、いくつかの点に注意しておく必要があります。
今回は、デザイン性にこだわったデザイナーズハウスを検討する際に、注意するべき注意点を3つご紹介します。

□デザイナーズハウスの3つの注意点

デザイナーズハウスを検討する上で注意する必要がある注意点にはどのようなものがあるのでしょうか?
3つの注意点をご紹介していきます。

*耐震性能が低くなる可能性がある

デザイナーズハウスで最も注意しておきいたことは「デザイン性にこだわるあまり、耐震性能が低くなってしまう可能性があるということです。
標準仕様として、耐震等級2や耐震性能3と謳われているものであってもデザイン性にこだわることで耐震性能が低くなってしまっている可能性があります。
せっかくの住宅ですので、高い耐震性能の住宅で、長く安心して過ごしていきたいですよね。
デザイナーズハウスを検討する際は、耐震性能がどのようになっているのかをしっかりと確認しましょう。

*デザイン性にこだわり、費用がかさむ

デザイナーズハウスで注意しておくべき点として
「デザイン性にこだわるあまり費用がかさんでしまう」
「同程度の費用の場合、一般的な住宅に比べて機能が劣ってしまう」
といった点が挙げられます。
デザイナーズハウスでは、デザイン性にこだわった住宅ですので、一般的な住宅よりも費用がかさんでしまうことが考えられます。
もし住宅にかけられる費用に限りがある場合、デザイン性と住宅の機能・規模のどちらに重きをおくかを考える必要があるでしょう。

*メンテナンスがしづらい可能性がある

デザイナーズハウスでは、デザイン性にこだわるあまり日々のメンテナンスや定期的なメンテナンスに支障が出る場合があります。
デザイン性にこだわったデザイナーズハウスを検討する場合は、メンテナンスのしやすさにも注意を払っておきましょう。

□最後に

今回は、デザイン性にこだわったデザイナーズハウスを検討する際に、注意するべき点を3つほどご紹介しました。
この記事を参考にしていただけたら幸いです。
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!