HOME > Blog

地震に強い工法について紹介|亀山市で注文住宅を建てるなら

「地震に強い家づくりがしたいのだけど、どういったところに工夫すればいいのだろうか」
「地震に強い家づくりをする上で、知っておきたい地震に強い工法があれば教えて欲しい」
新築での家づくりを検討されている方の中には、地震に強い家づくりに関して上記のようにお考えの方も多いのではないでしょうか?
近年の技術の進歩から、耐震性の高い家づくりの工法にさまざまなものがあります。
せっかくの家づくりですので、地震に強い、長く安心できる方法で家を建てたいところですよね。
今回は、地震に強い家づくりを行うための地震に強い工法をご紹介します。

□地震に強い工法を紹介

地震に強い工法にはどのようなものがあるのでしょうか?
知っておきたい工法を4つご紹介していきます。

*耐震バランス設計

耐震バランス設計というものをご存知でしょうか?
これは、住宅の構造上の安定とバランスを考慮した設計のことです。
新築を建てる際には、住宅を地震に強いものにするための、基準が定めらています。
耐震バランス設計では、住宅金融支援機構によって定めらている基準を満たしている上で、建物構造の強化を図るために、耐震基準の強化が行われているのです。

*ベタ基礎とは?

ベタ基礎というものをご存知でしょうか?
安心して長く住んでいくために、非常に重要となる大切な基礎があります。
基礎の中でも高い耐震性能と、高い耐久性能を誇るのがベタ基礎と呼ばれる基礎になっています。
ベタ基礎はフルコンクリートベースで、防湿フィルムを使用することで湿気を遮断しています。
ベタ基礎は、縦方向に荷重を面で支える高強度の基礎構造です。

*剛床工法とは?

地震に強い剛床工法というものをご存知でしょうか?
土台・大引・根太と呼ばれる構造をマス目状に組み込み、剛床と呼ばれるものと一体化させることによって、一般的な住宅に使用されている床組みよりもさらに高い強度を備えられます。
マス目状に組まれている床組と三重構造になった剛床工法は、地震によって発生するねじれを防ぎます。
そのため耐震性を高めるとともに、床厚が一般的なものより厚く、下の階へ音が聞こえづらく防音性能が高いことが特徴となっています。
また、床なり防止にも効果的なものとなっています。

*耐震性にはシロアリ対策も

耐震性を高めるには十分なシロアリ対策を行うことも非常に大切です。地震に強い家づくりを検討される場合は、シロアリ対策もしっかりと行いましょう。

□最後に

今回は、地震に強い家づくりを行うための地震に強い工法を紹介しました。
地震に強い家づくりをされる場合は、ぜひ今回の記事の内容を参考にしてみてください。
家づくりのヒントがある
ほぼ毎日無料相談会開催中
企画プラン作成・見積もり
・資金計画のご相談は、
お気軽にお問い合わせください!